事業領域

事業領域の変遷

挑戦

1982〜1990

製薬業界において、外観検査装置の開発と製品化のパイオニアとしての存在を確立。
製薬業界を顧客とする各種の外観検査装置(錠剤、カプセル、粒錠剤、パイアル等)の開発と製品化を主業務とし、この分野のパイオニアとしての存在を確立する。
飛躍

1990〜2000

医療機器業界において、各種医療機器及びポータブル内視鏡の開発・生産を開始し、
業界基盤を確立。
医療機器業界を顧客とする各種の医療機器(血液標本製作装置、尿タンパク検査装置、病理組織切片伸展乾燥ロボット等)と、医療用ポータブル内視鏡の開発および生産を開始し、幅広く業界基盤を確立する。
前進

2000〜2013

日本の自閉症の支援分野に大きな成果を創出し、パイオニアとしての位置付けを確立。
2000年から自社ブランドの強化策として「障害支援機器」の開発と生産および販売を日本版”Mentek-Project”、”Cozy Project”として実践。先進諸国に比べて立ち遅れていた日本の自閉症の支援分野に大きな成果を創出し、パイオニアとしての位置付けを確立する。
そして、2008年3月株式会社コムフレンドを設立し、それらの販売と普及活動に取り組み自社ブランド(Smart Aid®)を確立する。
変革

2013〜現在

2013年、より迅速に製品化するために、
自社の開発・生産拠点を長野県駒ヶ根市に開設。
五大エンボディの理念である「開発受託品を製品化する(Embody)」仕組みに関して、従来は外部依存型のファブレス方式であったが、次世代に、より迅速に対応すべく内部完結型の方式との両立を目指し、2013年8月新たな開発・生産拠点を長野県駒ヶ根市に開設。
自社ブランド(Cozy®)の超細径ファイバースコープシステムや、GPS連動式の音声出力型会話補助装置iBeaconなどの開発を開始する。

グローバル展開

設計から部品加工・組立まで、一貫したコーディネートを実現!

時代に即したグローバルな展開を図り、ニーズに応じて高精度部品は国内の専門技術を擁する提携会社にて、生産を行います。
韓国やタイにも連繁する生産拠点を擁し、小ロットから大量生産まで最も適切なネットワークを機能させることができます。