医療用認知症テストを全自動で行うシステム「CAT-smart™」を新開発しました。

2018.07.20

・この度、弊社では国立病院機構48施設の専門医チームが長年培ってこられた、実績のある医療用認知症テストを全自動で行うシステムを新開発いたしました。10分程度の検査で、スピーディーに専門的かつ詳細な評価結果を導きます。

・従来のテストでは、毎回多大な手間と時間を要し、その割には総合的な診断が困難と実感されているのではないでしょうか?医療の現場で生まれた当システムだからこそ、専門医不足、人手不足の現場の皆様に嬉しい機能を搭載しています。詳しくはパンフレットをご参照ください。

検査へのハードルを低くして、認知症予備軍の早期発見に貢献します!!
EX.将来的にクラウドサービスにする場合

「セルフチェックのみ(個人情報入力不要) = 免許返納模試【メンモシ】クラウド版」

・高精度ながら簡単な検査のため医療機関のみならず、健康長寿を推進するあらゆる機関でお使いいただけます。外からは見えない脳(や心)の状態を、客観的に把握しておきたい個人のニーズにスマートに対応できます。

・特に運転免許証返納の件で、密かにお悩みの高齢ドライバーが増え続ける一方、それに適した検査ツールおよび検査機関がみつからないのが現状です。そこで、運転に関する認知機能検査項目を強化し評価できるプログラムを構築しています。

導入メリット

お医者様:認知症の原因別評価ができるため、即時診断に有用なデータが得られます。
検査者様:出題・採点における個人差がなくなるため、安定した客観的評価が可能です。
被験者様:キーボードやマウス操作の苦手な方(寝たまま)でも気軽に受けられます。