ドクターの声

動物用医療機器であるCozyx®Scopeを実際にご利用いただいた 先生方にお話しをお伺いしております。

Cozyx®Scopeを使用し、結石の検査を実施
ゆう動物病院 院長 森本真一郎様

術前に移動が難しい、形の扁平な結石に対して尿道の石灰化や腫瘍でないかの確認を取れ、安全に手術に臨めました。使用した時の製品はまだ先端の処理に難があり、1〜2mmの極細径をアトムカテーテルに挿入して使用する形になりましたが、期待以上に鮮明な画像が得られました。今後、先端部が挿入し易くなれば、大型犬では直接尿道の結石の処置ができるかと期待しております。

ご使用機器

  • ・Cozyx®Scope LF-1.2
  • ・外部ディスプレイ
  • ・光源装置
尿道腫瘍の生検などに、Cozyx®Scopeを幅広く使用。
ノア動物病院 城東センター 渡辺幸彦先生

外径2.4mmの内視鏡を、硬性鏡の補助として使用しています。
メス犬の尿道腫瘍の生検やオス犬の尿道結石の摘出後の確認、小型犬の鼻腔腫瘍の生検等幅広く使用でき、とても役立っています。

ご使用機器

  • ・Cozyx®Scope LFC-2.4
  • ・Cozyx®Scope LF-1.2
  • ・外部ディスプレイ
  • ・光源装置